伝えたいこと

ルイ14世がヴェルサイユに宮殿を構えていた時代・・・1682年からはじまった伝統は、
高い創造性を持ち合わせて現代のティータイムへ。

ヴェルサイユ宮殿で王家のパン職人に任命された
シャルル・ダロワイヨからはじまった華やかな伝統の味を、皆さまへ。

ヴェルサイユ宮殿イメージ

※写真はヴェルサイユ宮殿(イメージ)です

1832年から受け継がれてきた
ダロワイヨのマカロン

ヴェルサイユ宮殿で王家のパン職人に任命されパン焼きの名手として仕えてきたシャルル・ダロワイヨ。彼の亡き後もダロワイヨ一族がヴェルサイユ宮殿で仕え、王から貴族の称号を与えられました。

その後、シャルル・ダロワイヨの子孫であるジャンーバティスト・ダロワイヨは、先代たちが遺してくれたダロワイヨの歴史的遺産をいかし、1802年パリで最初のプレタポルテスタイルの店舗「ダロワイヨ」を創業します。

料理人にとって羨望の的であった職に就き、美食作りを追及したダロワイヨ家は、フランス食文化に名を残す美食の名店として今も高い評価を受けています。

マカロンが作られるようになったのは1832年。
以来受け継がれてきた伝統の味を、大切な方への贈り物として。
また、ご自宅で記念日やホームパーティ、ティータイムなどでも、ぜひお楽しみください。

ダロワイヨのマカロン
ダロワイヨのマカロン
ダロワイヨのマカロン

世代を問わず愛され続ける
魅惑のスイーツ

今でも彩り華やかな“ころんっ”とした丸くて可愛いフォルムのマカロンは、世代を問わず女性を中心に愛されています。

見た目も味も実にさまざまで、口に入れると「サクっふわっ!そしてしっとり」。
香り高くとろけるような味わいに、自然と笑顔がこぼれます。

いつものティータイムに彩り華やかなマカロンやショコラ、焼き菓子などを添えるだけで、場が華やかになり会話もはずみ、笑顔を引き出してくれることでしょう。
世代を問わず愛され続けるダロワイヨのエレガントなスイーツで、贅沢なひとときをぜひお過ごしください。