ダロワイヨのこだわり

「おいしい」を作り続けて200年余、
彩り華やかな見た目に、職人の知恵とこだわりを
ぎゅっと詰め込んでいます。

使命感あふれるお店

華やかなルイ14世の時代から今日に至るまで、実に多くの人達に愛され続けてきたダロワイヨ。

素材と製法にこだわり続ける作り手の情熱が気高い気品と味わいをつくりだし、お客様の笑顔をつくります。

伝統の技で専門職人が手作りで仕上げた気品あるおいしさをお客様に提供すること、そしてお客様に笑顔で過ごして頂くことが、ダロワイヨの使命です。

パリ ダロワイヨ本店

※写真はパリ本店です

素材と製法へのこだわり

フランス文化遺産のシンボルともいえるダロワイヨの歴史は1682年、シャルル・ダロワイヨがルイ14世に仕えていた頃にはじまりました。ショコラ、パティスリー、トレトゥール、レセプション、グラス・ソルベ、アメ細工の部門で、スペシャリストとして誉れが高いダロワイヨは、伝統を尊重するとともに、高い創造性も持ち合わせています。ダロワイヨの評価は昔から高く、19世紀前半のフランス文学作品の中で、食通が通う店として引用されています。(オノレ・ド・バルザックは、ダロワイヨのマカロンを最高とした文人の一人です)

日本のダロワイヨでも出店以来その伝統の技と精神を受け継ぎ、パリ・ダロワイヨと同じレシピを使い、日本の風土にあった独創性を加味しながら熟練された技術と厳選された素材でひとつひとつ丁寧に手作りで仕上げています。創業時代から続く手作りの技(わざ)を現代に蘇らせ、独創性の豊かさと高い品質の商品をお客様に提供することが私たちダロワイヨのこだわりです。

ダロワイヨのマカロン
パリ・ダロワイヨのパティスリーシェフ ヤン・ブリス(Yann Brys)

栄誉あるMOF(フランス最優秀職人)の称号

パリ・ダロワイヨのパティスリーシェフであるヤン・ブリス(Yann Brys)は、食部門の職人が最も憧れる最も栄誉ある賞であるMOF(フランス最優秀職人)の称号を持つ職人です。

このすばらしい称号は、フランスの最も優れたパティシエと砂糖菓子職人の才能と創造性、更にその人間性やプロ意識を讃えるものであり、仕事の質の高さを評価するものです。

伝統を尊重するとともに高い創造性も持ち合わせながら、高い品質のスイーツをお客様に提供するべく、今後も努力を惜しまず精進していく証ともいえます。